[リストへもどる]
新着記事

タイトル【黒巣】FD第二話『ダークスティールの城塞 −Darksteel Citadel−』経験点発行
記事No11018   [関連記事]
投稿日: 2017/10/08(Sun) 23:16:41
投稿者佐田塚
セッション終了にて。

22点:“雷の剣士” 岩瀬 良平(Hover-Bさん)
24点:“ゆきうさぎ” 内海 悠美(夕凪さん)
19点:“零距離の銃使い”シャルロット・橘・クリスタンヴァル(takumiさん)

ログ編集はGMにて、GMの経験点は36点となります。

タイトル【経験点発行】
記事No11017   [関連記事]
投稿日: 2017/10/08(Sun) 23:15:31
投稿者佐田塚
             「……ボクは……あの街、好きだよ」


22点:“雷の剣士” 岩瀬 良平(Hover-Bさん)
24点:“ゆきうさぎ” 内海 悠美(夕凪さん)
19点:“零距離の銃使い”シャルロット・橘・クリスタンヴァル(takumiさん)

ログ編集はGMにて、GMの経験点は36点となります。

まー、座談会は終了直後にやりましたし、そんな感じで。
3話でやることは、まぁ、2話終了時点で大体想像の付く通りの話となりますね。

あちしのセッション特有の吟遊傾向が、キャンペーンと言う形になって、更に強まってる感じがしますが!
その中でどれだけを魅せれるかという、冷静に考えるとTRPG的ではない場所でGMが気合入れちゃってる感じもしますが!
……正直、セッションの少なくなってしまったセパでのお話です。お付き合いいただけるとありがたいです。

黒巣市と言うステージに対する、結末の一つを、演じきることが出来たら、GMとしても幸いなところです。

タイトル時間に着いて
記事No11016   [関連記事]
投稿日: 2017/10/06(Fri) 06:52:52
投稿者佐田塚
日曜日のセッションですが、ちとGMが土曜仕事になった関係で、準備時間が遅れる感じになりそうです。

ですもんで、13時開始にさせていただきたいです。
そんな具合でよろしくお願いします。

タイトル日程決定
記事No11015   [関連記事]
投稿日: 2017/09/20(Wed) 23:41:07
投稿者佐田塚
遅くなりまして。

えーと、結論、9/30(土)を第一候補、10/6(土)を第二候補とします。
時間が後ろにずれる可能性は話の展開のスピード次第で十分あり得ますので、そんな具合に。

タイトル遅くなりまして;
記事No11014   [関連記事]
投稿日: 2017/09/16(Sat) 00:58:01
投稿者夕凪
その日程は今のところ大丈夫そうです

タイトル日程
記事No11013   [関連記事]
投稿日: 2017/09/12(Tue) 21:31:04
投稿者takumi
現状はどの日程でも大丈夫です
よろしくお願いします

タイトル日程の件。
記事No11012   [関連記事]
投稿日: 2017/09/10(Sun) 19:23:23
投稿者Hover-B
ども、良平君の中の人ことHover-Bです。

日程についてですが、現状提示分のいずれも空いております。
ただ、日曜開催の場合は可能なら22:00位には終了いただけると
ありがたいです。
(翌日の体調的な意味で……)

お手数ですが、調整のほどよろしくお願い致します。

タイトル【黒巣CP】 FD第二話『ダークスティールの城塞 −Darksteel Citadel−』調整スレ
記事No11011   [関連記事]
投稿日: 2017/09/08(Fri) 22:59:13
投稿者佐田塚
【キャンペーン名】:『第五の夜明け−Fifth Dawn−』第二話
【シナリオ名】『ダークスティールの城塞 −Darksteel Citadel−』
【シナリオ傾向】:ロールプレイ重視
【開催日時】:9/30(土),10/1(日),10/6(土),10/7(日)辺りの休日一括で考えています。
【開催場所】:TRPG.NET系(ポート:6667)
【セッション用チャンネル】:#sadame_DX
【シナリオ舞台】:黒巣市――及び、“魔街(デモンズシティ)”
【募集人数】:3名
【使用システム】3rd Edition(EA適用)
【経験点制限】無し

【トレーラー】


「天城美鈴が隠蔽し続けていた遺産“フィフスドーン”。その秘密は既に漏えいされた」
「FHの暗躍を止めるべき立場にいるボク達は、こうしてこの地で無駄足を踏まされている」
「デモンズシティ。この災厄の街に、今のボク達は用がない。即刻に抜け出さなければ」
「……状況はシンプルさ。迷うことも、悩むことも本来ない筈さ」

「…………呑気な話をしようか」

「ほぼ単独任務に近い形で黒巣市にやってきて、1年は過ぎていてさ」
「久々に『鏡』を目の当たりにして、こんなに刺々しかったんだ、って、思っちゃったんだ」
「……ちょっと考え直したら、それで当たり前なんだけど、ね」
「まるで、闇色の鋼(Darksteel)だ。それで構わないって、決めている筈なのにね」





ダブルクロス The 3rd Edition / Worldwake   キャンペーン『第五の夜明け−Fifth Dawn−』
第二話『ダークスティールの城塞 −Darksteel Citadel−』


「……大丈夫、ボクは冷静だよ……うん、大丈夫……」





【ハンドアウト】

PC1:“雷の剣士” 岩瀬 良平
シナリオロイス:“ダークスティールの巨像 −Darksteel Colossus−”

デモンズシティ。それはストレンジャーズにより封鎖された脱出不能のレネゲイド汚染区域。
理彩はこの街の事情を君に説明しながら、ストレンジャーズ魔街部隊と接触しに向かった。
彼女は言う。付き合わせたのは自分なのだから、何とかして君を黒巣市に戻さねば、と。
だが、そこで遭遇した手荒い歓迎への動揺もそのままに、状況はややこしくなってしまった。

急遽飛んできた別任務。魔街外部へと進んでいく謎の鉄巨人、“ダークスティールの巨像”の破壊作戦への参加。
困惑、混乱、回り道。君にとって見知らぬ街で、状況はどんどん変わっていく。
久藤 理彩は――焦っている。君にはそれがよく判った。こういう時こそ、状況を見なければならないのだ。




PC2:“ゆきうさぎ” 内海 悠美
シナリオロイス:“ダークスティールの巨像 −Darksteel Colossus−”

鷺沼曰く、君がこの街に来たのは【訪問者】、スタンレーの意図したものである。
通常、エフェクトを用いこの街を出入りしようとしても、ストレンジャーズに察知される状態にある。
だが、三週間後、彼から“権限”を借り受けた部下Cが、一度だけこの場所に現れるという。
君がこの街を抜けることが出来るタイミングはそこだけだが、だがそれは確かに存在する。

それまではただ待っておけ――そう言う鷺沼の元に、妙な連絡が入った。巨大な石像が闊歩しているという。
FHに関係のある代物ではないそうだ。街の外へ向かっているのに気づくと、暇つぶしにどうだ?と提案した。
奴を見ていれば、脱出の困難さは判るだろう――と。




PC3:“零距離の銃使い”シャルロット・橘・クリスタンヴァル
シナリオロイス:“ダークスティールの巨像 −Darksteel Colossus−”

織を名乗る少女の寝床は、このデモンズシティの中でも随分と剣呑な場所にあった。
この災害の発端になったとされるクレーターの周りには多くのジャームで溢れ、動くのにも気を遣う。
大体にして、歩き回るにしたってどこへ行けばいいのか判らないのだが。憎き【特異点】である。
何にしろ、君に必要なのは脱出の手段以前に、安全な陣地である。

そんな感じで難儀していると、ねぐらの脇を巨大な鉄の怪物が横切って行った。
織に聞けば、あれはGPO識別名称“ダークスティールの巨像”。最近現れた謎のEXレネゲイドである。
どこかへ向かっているようだが、あんなのに歩かれては溜まったものではない。おのれ魔街め!




※Rハンドアウト、また使います。該当者には後々プライべ飛ばします。

※とりあえず、9月末〜10月上旬辺りの休日一括で考えています。まずはその辺りで動けるかどうか返答お願いします。

タイトル【黒巣】FD第一話『永遠の証人−Eternal Witness−』経験点発行
記事No11010   [関連記事]
投稿日: 2017/09/08(Fri) 22:55:23
投稿者佐田塚
セッション終了にて。

15点:“雷の剣士” 岩瀬 良平(Hover-Bさん)
18点:“ゆきうさぎ” 内海 悠美(夕凪さん)
15点:“零距離の銃使い”シャルロット・橘・クリスタンヴァル(takumiさん)

ログ編集はGMにて、GMの経験点は28点となります。

タイトル【アフタープレイ】
記事No11009   [関連記事]
投稿日: 2017/09/03(Sun) 17:50:11
投稿者佐田塚
15点:“雷の剣士” 岩瀬 良平
18点:“ゆきうさぎ” 内海 悠美
15点:“零距離の銃使い”シャルロット・橘・クリスタンヴァル

GMは15+18+15÷2 =24+3+1 =28点。

セッションの前に言った通りにかなり大掛かりに状況を変化させました。
この辺りはこっから先もどんどんやっていきます。どうかお付き合いくださいまし。

話の組み立てとしては、GM側としては結構しくじりというか、バランス悪くしちゃった感があります。
悠美ちゃんのRHOの公開までをもう少し詰めて、CM2の真相フェイズの時間とりたかったですね。
大がかりな変化をもたらすだけあって、説明がこれからも増えるので、その辺をどうこなしていくかが課題と感じました。


美鈴ちんはまー、概ね予定通りの立ち回りをしてくれたと思います。元の次元でまた会いましょう。
ジャネッタさんは……あの人今回、明確な敵役になるので、もう少しそれを判りやすくするべきでした。

理彩さんについては……正直、今も動かし方に悩み続けているところがあります。ヒロイン大変。
まぁ今回については《サイコメトリー》による舞台装置もこなすことになってたので、手が空く次以降、何とか、かな。

そんな感じで、色々と荒唐無稽なキャンペーンになりますんで、GMも悩み続けますがいましばらくのお付き合いお願いします。